長崎でも介護ファクタリングで即日資金調達

介護事業者さまが至急の資金調達が必要なときに利用できる金融サービスとして、

介護ファクタリング 」があります。

多くの業種で導入できる即日資金調達方法ですが、融資と比較するとまだまだ認知度が低く敬遠する長崎の事業者さまも少なくありません。

しかし銀行融資以外の即日資金調達方法として導入する事業者さまが年々確実に増えています。

実は 銀行融資よりも簡単に利用できるファクタリング

長崎の介護事業者さまも今すぐに導入できる介護ファクタリングについて解説していきます。

長崎の介護事業者の即日資金調達にファクタリング

 

長崎での介護ファクタリング 利用者の声

至急で支払いのために120万の資金が必要だったためにファクタリングの相談をしました。即日で資金調達できるとジャパンファクターさんが推奨されていたからです。
すぐに相談して、2社間ファクタリングであれば即日で対応できるとすぐに返答頂いたので契約して支払いに間に合うように入金してもらいました。
翌月にも「ファクタリングをしたい」と相談しましたところ、「今度は事前に準備ができるためファクタリング手数料が半減する3社間ファクタリングもできるますがどうしますか?」という提案を受けました。3社間ファクタリングというのも知らなかったのですが、国保連と3社で契約した方がさらに手数料が安くなると知ってすぐにそのように対応してもらうことにしました。
支払いのピンチも乗り越え、今では介護ファクタリングという金融サービスを頼りにしています。

長崎で介護事業をしている経営者1長崎県大村

早くて、他のところよりも手数料も低いです。
また近いところにあるので何かと安心です。以前東京のファクタリング会社に相談して嫌な思いをしたことがあるので。

長崎で介護事業をしている経営者2長崎県佐世保市

 

ファクタリングとは

まずはファクタリングの仕組みや流れについて理解していきましょう。

ファクタリングとは長崎の事業者さまが受注した取引先からの仕事を完了し、それに対する請求を出したものを売掛債権としてファクタリング会社に譲渡し、支払日よりも先に現金化できる仕組みです。

長崎の介護事業者さまでいうと長崎の国保連に介護報酬を請求したものを「介護報酬債権」としてファクタリングができます。

■ 介護ファクタリング
■ 介護報酬債権ファクタリング
■ 介護給付費ファクタリング
■ 介護給付費買取
■ 介護給付費現金化 など

と微妙に異なる言い回しが使われますが、同じことを表現していることがほとんどです。

当サイトでは「介護ファクタリング」で表現しようと思います。

 

【長崎】介護ファクタリング

長崎の介護事業者さまの資金サイクル

基本的には長崎の介護事業者さまが国保連に請求データを提出し、

サービス提供に相違ないか審査を受け、

介護報酬支払決定額が分かり、

その後国保連より入金があるというサイクルになるかと思います。

そしてそのサイクルは長崎の介護事業者さまがサービスを提供してからおよそ2か月という時間がかかります。

 

このおよそ2か月という時間を待たずに、

請求した介護報酬を早期資金化する方法がファクタリング です。

 

一般的な介護ファクタリングの流れ一般的な介護ファクタリングの流れ

介護報酬請求
長崎の介護事業者さまが国保連に対して介護報酬の請求を出します。これにより 介護報酬債権が発生 します。
①介護報酬債権譲渡契約 
通常はサービス提供月の翌々月の指定日に国保連より長崎の介護事業者さまへと介護報酬決定額が入金されます。
これをファクタリング会社と長崎の介護事業者さま、請求先である国保連の3社間でファクタリング契約をすることにより3日~1週間で資金化・現金化することができます。
②介護報酬債権譲渡の通知
国保連にファクタリング契約の内容を詳しく通知します。対象の介護報酬入金先を長崎の介護事業者さまからファクタリング会社へ変更してもらうことなどになります。
③前払い
長崎の介護事業者さまが保有する介護報酬請求額の8割ほどを、国保からの入金よりも早くファクタリング会社が入金。
長崎の介護事業者さまは事業資金として使用できます。
④国保連より介護報酬支払い
審査後、介護報酬決定額が国保連からファクタリング会社へ直接入金されます。
⑤後払い
介護報酬決定額から③の前払い額とファクタリング手数料を引いた、残りの差額がファクタリング会社より長崎の介護事業者さまへ入金されます。
⑥契約完了

介護報酬や診療報酬では過誤があれば請求額と誤差が生じてしまうことも少なくありません。

それもあって、ほとんどのファクタリング会社では長崎の介護事業者さまが保有する介護報酬債権額のうち8割程度の前入金、長崎の国保連からの支払い日に残りを入金するというデポジット(留保金)制をとっています。

 

具体的な金額で例を挙げると、

介護報酬請求 
長崎の介護事業者さまが1,000万の介護報酬を国保連に請求する
①介護報酬債権譲渡契約
長崎の介護事業者さまとファクタリング会社、長崎の国保連で3社間契約
②介護報酬債権譲渡の通知 
契約内容に伴い、介護報酬債権譲渡に関する情報を長崎の国保連に通知
③前払い 
ファクタリング会社が1,000万の8割である800万を長崎の介護事業者さまへ前払い
④国保連より介護報酬支払い 
国保連によるレセプトの審査後、介護報酬決定額は1,000万ではなく990万となりその決定金額が期日にファクタリング会社へ支払われる
⑤後払い 
ファクタリング会社より【差額の190万からファクタリング手数料を差し引いた額】が後払い
⑥契約完了

といった資金調達の流れになります。

 融資とは違い負債を増やさずに、長崎の事業者さまがの介護報酬債権から資金繰りができるというのがファクタリング です。

長崎の介護事業者さまでも銀行融資以外の即日資金調達方法として導入しているところが増えてきています。

 

長崎の企業が至急の資金繰りをするならファクタリングがあります

前述の例でいけば、長崎の介護事業者さまが介護報酬を早期資金化できるのは8割ほどということになります。

長崎の介護事業者さまがこれでは資金が足りないということになった場合、また不足している資金を調達する方法を模索しなければなりません。二重の手間の時間がかかってしまいます。

 

ファクタリングを導入している介護事業者さまの多くが

ぎりぎりまで資金化できたら・・・

いつも資金繰りで頭を抱えていた経営者

という思いを持っていらっしゃるのが実情です。

 

そんな長崎の介護事業者さまの多くの声に対応できるのが、 ジャパンファクターの介護ファクタリング です。

 

ジャパンファクターの介護ファクタリングでは

即日資金調達であればジャパンファクターの介護ファクタリングを推奨

介護報酬請求
長崎の介護事業者さまが国保連に対して介護報酬の請求を出します。これにより 介護報酬債権が発生します。
①介護報酬債権譲渡契約
通常はサービス提供月の翌々月の指定日に国保連より長崎の介護事業者さまへと介護報酬決定額が入金されます。
これをジャパンファクターと長崎の介護事業者さま、請求先である国保連の3社間でファクタリング契約をすることにより3日~1週間で資金化・現金化することができます。
②介護報酬債権譲渡の通知
国保連にファクタリング契約の内容を詳しく通知します。対象の介護報酬入金先を長崎の介護事業者さまからファクタリング会社へ変更してもらうことなどになります。
 デポジットなしの前払い 
ジャパンファクターではファクタリング手数料を差し引いた額の前払いが可能です。
例えば、1,000万の介護報酬債権をお持ちの場合950万の前払いも可能になります。
他社では8割ほどの額しか前払いしてもらうことができませんが、ジャパンファクターの介護ファクタリングであれば保有する介護報酬をフルで活用することができます
④国保連より介護報酬支払い
審査後、介護報酬決定額が国保連からファクタリング会社へ直接入金されます。差額が生じた場合には長崎の介護事業者さまと相談の上、次回契約時に対応するなどの選択ができます。
⑤契約完了

このサービスは実際に 長崎の介護事業者さまからご相談頂いた内容をもとに考えられたサービス です。

すでに別のファクタリング会社で介護報酬を早期資金化することにより資金繰りをしていた事業者さまが「デポジットがあるために8割しか資金化できないのが不便だ」「ジャパンファクターではどうなのか」という問い合わせが多かったことからこのサービスを実践しているというわけです。

長崎の介護事業者さまが保有する介護報酬を目いっぱい活用して早期資金化できるのはジャパンファクターの介護ファクタリングだけです。

ジャパンファクターへ相談申込みはこちら

長崎の介護事業者さまがファクタリング契約で必要な書類

最初に「実は 銀行融資よりも簡単に利用できるファクタリング 」と紹介しました。

長崎の介護事業者さまが融資やファクタリングを利用するためには必要書類を準備する必要があります。

銀行融資では即日資金調達は不可能

≪ 銀行融資に必要な書類 ≫

■事業計画書
■決算書類一式
■資金繰り表
■貸借対照表
■納税証明書
■銀行取引一覧
■資金使途資料



など準備する書類が多いです。

長崎の介護事業者さまが提出する書類が多いということは、その量を確認する審査にも時間がかかるということを意味します。

そしてこの銀行融資のための審査をクリアしなければ資金調達が成功することはありません。税金の滞納などがあれば難しいでしょう。

 

ファクタリングでは即日資金調達が可能


ジャパンファクターの
介護ファクタリングに必要な書類
  

■直近3ヶ月分の取引関係書類
 請求書や決定額通知書など
■国保連からの入金がある通帳
■代表者身分証明書
■事業許可証

だけとなります。
※契約時には別途必要な書類はあります。法務局ですぐに取得できます。

ファクタリングは銀行融資と比較すると必要な書類がとても少ないです。

なぜかというとジャパンファンクターでの介護ファクタリングでは、 長崎の介護事業者さまはほぼ無審査でファクタリングを利用することができる からです。

ファクタリングというのは債権の支払いをする債務者、長崎の介護事業者さまの場合は長崎の国保連の信用度を審査することになります。つまり長崎の国保連が審査対象ということになるのです。

国保連となれば一般企業とは異なりますから、特に事業内容や財務状況を確認して審査する必要もありません。

必要なのは長崎の介護事業者さまが本当に事業をやっているのか、国保連との介護報酬の請求や支払いがきちんと行われているのかの確認をするだけとなります。

ジャパンファクターの介護ファクタリングを利用することにより可能となるスピード資金調達はこうやって実現しているのです。

 

そして長崎の介護事業者さまが

■税金滞納中
■赤字決算
■融資の枠がない
■債務超過
というような問題により銀行融資を受けられないという状況であっても、ファクタリングは利用可能です。

ファクタリングで資金繰りをして税金滞納を解決し、銀行から大型融資を受けられる事業者さまもいらっしゃいます。

 

ファクタリングサポート推奨のジャパンファクター

長崎の介護事業者さま、ジャパンファクターへご相談下さい

介護事業の資金繰りの相談は全国対応のジャパンファクターへ

ジャパンファクターでは営業時間外でも24時間相談申込みを受付しています。

介護事業をスタートして間もない長崎の介護事業者さまもぜひご相談下さい。

ジャパンファクターでは長崎県の事業者さまだけでなく、日本全国の介護事業者さまの資金調達をサポートさせて頂いています。

出張対応も無料で実施中です。お気軽にご相談下さい。

ジャパンファクター24時間受付メールフォーム