ファクタリングは、融資でもビジネスローンでもない

返済不要の資金調達方法です。

 

ファクタリングは、東京都の企業さま、個人事業主さまが保有する売掛債権・売掛金を活用して資金化ができます。

東京都の企業さまが保有する優良債権をファクタリング会社が完全に買取ることによって、将来売掛先企業から入金予定だった売掛金を最短即日で資金化できるのです。

 

担保にするわけではなく、売買契約になるため利子や利息の概念はありません。

また、2社間ファクタリングは取引先企業へ知られることはなく、東京都の利用者企業さまとファクタリング会社間のみでやりとりが行われます。ファクタリング会社から取引先企業へ連絡することは一切ありません。

東京都の利用者企業さまの信用情報にも今後の取引にも影響がないためファクタリング取引の中でも、2社間ファクタリングは最も利用されています。

 

2社間ファクタリングの一般的な流れとしては、契約締結後、ファクタリング会社に手数料を差し引いた売掛金額を前払いしてもらい、期日通りに取引先企業から売掛金の支払いを受けたら、東京都の利用者企業さまはそれをファクタリング会社に支払うというものです。

売掛金を前払いしてもらい、その後に取引先企業が不渡りを起こし売掛金回収ができなかったとしても、東京都の利用者企業さまはファクタリング会社へ返金する必要はありません。(償還請求権なしの場合)

つまりファクタリングを利用することで、東京都の利用者企業さまは最短即日の資金調達のほかに売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できるのです。

 

lgi01a201311200300


 

東京都の企業さま、経営者さまがファクタリングを実行するためには、ファクタリング会社による審査を通過しなければなりません。

銀行融資を受けるために必要な多く開示書類などは不要で、ファクタリング会社独自の審査項目・内容になっています。そのためスピード審査が可能となり、審査結果も最短即日で受けられます。

またファクタリングという取引の性質上、売掛先である取引先企業の信用度が重要視される傾向にあります。
売掛金回収ができないことには、ファクタリング会社にとって利益どころかマイナスにしかならないからです。

 

そのため東京都の利用者企業さまが、税金滞納中だったり、債務超過、銀行ブラックのような状況下であっても、取引先が優良企業であれば、銀行の審査には通らなくても、ファクタリング会社の審査は通過できる可能性があるのです。

 

当サイトで紹介しているファクタリング会社への問い合わせでも、多くの企業さまがそのような悩みを抱えて相談されます。実際に同様の状況下にあった全国の企業さまでも成約できています。

前述で、取引先企業の信用情報が重要視されると述べましたが、東京都の利用者企業さまの審査が疎かにあれるわけでは決してありません。

ファクタリング会社は東京都の利用者企業さまが、二重譲渡(他社のファクタリング会社とも契約して売掛金を前払いしてもらう等)や取引先企業から回収した売掛金を使いこんでしまうなどもリスクも抱えることになるのできちんと審査されます。
また東京都の利用者企業さまがこのような契約違反を行った場合は法的措置をとられます。

 

ファクタリングは、利用者企業さまとファクタリング会社の信頼関係の上で成立するものと言えます。

 

ファクタリングは事業資金・運転資金として、銀行融資を受けられるまでのつなぎ資金としても有効な資金調達術です。

銀行融資、ビジネスローン以外の資金調達方法の1つとして利用者が増えているのです。

中小企業 事業資金 資金調達 銀行融資 ビジネスローン ファクタリング

 


東京都ファクタリング事例

 

東京都と言えば、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック。

エンブレムデザインの盗作問題や、国立競技場の工事問題などニュースで出鼻を挫かれた東京オリンピック・パラリンピックでしたが、前開催地リオでの閉会式で、当時の首相出演による東京開催アピールがまだ記憶に新しいです。

日本で生まれた、世界的に誇るアニメ文化などを糧に人気のあるキャラクターなどを登場させるなど、テクノロジーとポップカルチャーが融合した日本らしい演出でした。

 

これから、東京を中心にオリンピックの開催地としての街の整備、商業が盛んになることでしょう。

会社・企業としては、千載一遇のチャンスとなりうるビッグビジネスと出会うことになるかもしれませんね!

東京都ファクタリング

当サイトが紹介しているファクタリング会社は、全国対応はもちろん出張対応で企業まで赴いてくれる会社です!

東京都の東京23区、多摩市、八王子市以外の企業でも資金繰りにお困りの経営者の方も多いと思います。

赤字決算や税金未納などで、すでに銀行融資を断られていたりして他の資金調達方法を探していらっしゃる方もいるでしょう。
そのような状況下でも利用できるのがファクタリングという資金調達術です。

ファクタリングなら安定した売掛金があれば、即日資金化も可能になります。

東京都にももちろんファクタリング会社は存在しますが、まだまだ浸透していないためそのファクタリング会社の評判などについての情報が入らず躊躇してしまいますよね。

また銀行系のファクタリング会社だと、開示書類も多く、審査が厳しい傾向にあります。

 

そんな忙しい経営者の方の時間を頂くことなく、出張対応で解決してくれるファクタリング会社を当サイトで紹介しています!
東京都全域が対象です。

 

↓ ファクタリング利用者の声①東京 ↓

施設拡大のための資金調達

(調達成功額570万/東京都多摩市/小売販売業)

客足の伸び率が好調なので、売り場面積を拡大し、商品の増加を図ろうとしたいと考えていました。
またお客様の声でイートインスペースや、喫煙スペースを確保してほしいとの意見が非常に多く、どうせなら1度に改装しようと決意し、その費用の資金調達でファクタリングを利用しました。もちろん融資での資金繰りも考えましたが、長い目で見て利子よりファクタリングにかかる手数料を支払うことにしました。

取引先からの債権回収の手間も省け、改装の準備に時間が当てられることも大きな決め手になりましたね。

改装にかかる費用の見積もりと照らし合わせ、自社で現在使用できる資金を引いた不足分を調達したいことをファクターに相談して、無事に資金調達に成功しました。自社の場合、契約から2日後に220万、その翌日に350万の現金化が出来ました。

 

↓ ファクタリング利用者の声②東京 ↓

ファクタリング会社選び

(調達成功額110万/東京都武蔵野市/販売及び取付工事)

ファクタリングでの資金調達を検討して、インターネットで探しました。
東京にはファクタリング会社が多くあるようで、どこが良いのかわからなかったのですが広告をしっかり出している会社が安心かなと思い、そちらにお願いしました。

銀行融資の審査に必要な書類の量に比べれば、少ないかと思いましたが決算書3期分など準備しなければなりませんでした。

書類を持ちこんで来社しましたが、電話での見積もりと手数料が変動し高くなったこともあって、もう少し検討してみようとその場では契約せずに帰社。

再度インターネットでファクタリング会社を探して、来社不要という会社もあったのでそちらに見積もりを出してもらいました。最初は来社不要だから手数料が高いなと思ったのですが、事務費や印紙代も含めた金額で提示されたのでトータル的には安く済むことがわかり納得して契約しました。

ファクタリング会社によって審査内容も違うらしいので、2社くらいは見積もり比較した方が良さそうです。

 


 

税金滞納・赤字決算・融資を受けられない・業績悪化などで資金調達にお困りの東京都の企業の方にもおすすめのファクタリング会社です ↓