ファクタリングは、融資でもビジネスローンでもない

返済不要の資金調達方法です。

 

ファクタリングは、山形県の企業さま、個人事業主さまが保有する売掛債権・売掛金を活用して資金化ができます。

山形県の企業さまが保有する優良債権をファクタリング会社が完全に買取ることによって、将来売掛先企業から入金予定だった売掛金を最短即日で資金化できるのです。

 

担保にするわけではなく、売買契約になるため利子や利息の概念はありません。

また、2社間ファクタリングは取引先企業へ知られることはなく、山形県の利用者企業さまとファクタリング会社間のみでやりとりが行われます。ファクタリング会社から取引先企業へ連絡することは一切ありません。

山形県の利用者企業さまの信用情報にも今後の取引にも影響がないためファクタリング取引の中でも、2社間ファクタリングは最も利用されています。

 

2社間ファクタリングの一般的な流れとしては、契約締結後、ファクタリング会社に手数料を差し引いた売掛金額を前払いしてもらい、期日通りに取引先企業から売掛金の支払いを受けたら、山形県の利用者企業さまはそれをファクタリング会社に支払うというものです。

売掛金を前払いしてもらい、その後に取引先企業が不渡りを起こし売掛金回収ができなかったとしても、山形県の利用者企業さまはファクタリング会社へ返金する必要はありません。(償還請求権なしの場合)

つまりファクタリングを利用することで、山形県の利用者企業さまは最短即日の資金調達のほかに売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できるのです。

 

lgi01a201311200300


 

山形県の企業さま、経営者さまがファクタリングを実行するためには、ファクタリング会社による審査を通過しなければなりません。

銀行融資を受けるために必要な多く開示書類などは不要で、ファクタリング会社独自の審査項目・内容になっています。そのためスピード審査が可能となり、審査結果も最短即日で受けられます。

またファクタリングという取引の性質上、売掛先である取引先企業の信用度が重要視される傾向にあります。
売掛金回収ができないことには、ファクタリング会社にとって利益どころかマイナスにしかならないからです。

 

そのため山形県の利用者企業さまが、税金滞納中だったり、債務超過、銀行ブラックのような状況下であっても、取引先が優良企業であれば、銀行の審査には通らなくても、ファクタリング会社の審査は通過できる可能性があるのです。

 

当サイトで紹介しているファクタリング会社への問い合わせでも、多くの企業さまがそのような悩みを抱えて相談されます。実際に同様の状況下にあった全国の企業さまでも成約できています。

前述で、取引先企業の信用情報が重要視されると述べましたが、山形県の利用者企業さまの審査が疎かにあれるわけでは決してありません。

ファクタリング会社は山形県の利用者企業さまが、二重譲渡(他社のファクタリング会社とも契約して売掛金を前払いしてもらう等)や取引先企業から回収した売掛金を使いこんでしまうなどもリスクも抱えることになるのできちんと審査されます。
また山形県の利用者企業さまがこのような契約違反を行った場合は法的措置をとられます。

 

ファクタリングは、利用者企業さまとファクタリング会社の信頼関係の上で成立するものと言えます。

 

ファクタリングは事業資金・運転資金として、銀行融資を受けられるまでのつなぎ資金としても有効な資金調達術です。

銀行融資、ビジネスローン以外の資金調達方法の1つとして利用者が増えているのです。

中小企業 事業資金 資金調達 銀行融資 ビジネスローン ファクタリング

 


山形県ファクタリング事例

 

山形県と言えば、さくらんぼや洋ナシ、米沢牛が有名で美味しい食材が豊富な素敵な地域ですよね!
温泉にご当地ラーメンなど観光客にスポットを当てた取り組みも盛んに行われていて活気も溢れています。なんでもラーメン消費量日本一だそうじゃないですか!

大河ドラマ『天地人』での主人公直江兼続にまつわる品が多く貯蔵されている上杉神社も有名ですよね。
魅力あふれる山形県にお住まいの方々も穏やかで優しい人が多いと聞きます!

山形県ファクタリング

当サイトが紹介しているファクタリング会社は、全国対応はもちろん出張対応で企業まで赴いてくれる会社です!

山形県の山形市、米沢市の企業で資金繰りにお困りの経営者の方も多いと思います。

赤字決算や税金未納などで、すでに銀行融資を断られていたりして他の資金調達方法を探していらっしゃる方もいるでしょう。
そのような状況下でも利用できるのがファクタリングという資金調達術です。

ファクタリングなら安定した売掛金があれば、即日資金化も可能になります。

山形県にももちろんファクタリング会社は存在しますが、まだまだ浸透していないためそのファクタリング会社の評判などについての情報が入らず躊躇してしまいますよね。
取引するにあたり、ヒアリング・面談はほとんどのファクタリング会社で必須です。

実績のありそうな東京のファクタリング会社を見つけても、忙しい中上京しなければなりません。

 

そんな忙しい経営者の方の時間を頂くことなく、出張対応で解決してくれるファクタリング会社を当サイトで紹介しています!
山形県全域が対象です。

↓ ファクタリング利用者の声①山形 ↓

売掛金・クレジットカード債権もなくて

(山形県鶴岡市/飲食店経営)

山形県で飲食店を経営しています。
同じ飲食店を営む知人からファクタリングという取引で資金調達が2・3日で可能だったと聞き、私もファクタリング会社に問い合わせてみました。

説明を聞いていると、ファクタリングというのは取引先などに製品やサービスを提供して発生する売掛金を譲渡することで資金に替えられるということが分かりました。
私たちのような飲食店では、お客様に対する現金商売になるので、売掛金は発生しないのに、「なぜ知人の飲食店はファクタリングで資金調達が出来たのか?」という疑問に行きつきました。

どうやら飲食店などの現金商売でも、クレジット支払い分を債権としてファクタリング会社が買取り、クレジット会社の決済より早く資金化してくれるというファクタリングがあるようでした。

その知人の店はお客様のクレジットカードの支払いが毎月結構あるようですが、私の店ではランチがメインなのもあってほとんどカード決済の利用がないので、ファクタリングでの資金調達は出来ませんでした。

 

↓ ファクタリング利用者の声②山形 ↓

融資前のつなぎとして利用

(山形県新庄市/食品加工製造業)

大きな受注が入ったので引き受けたかったのですが、資金不足でした。チャンスなのに大きい仕事は断らなければならないのか…、他に方法はないのか…と思案しました。
4カ月後には銀行融資を受けられる予定だったので、別の方法で資金繰りをしなければなりませんでした。しかも翌々日には調達の目途を立てなければいけません。2日で600万の資金調達。そこでファクタリングを検討しました。
安くない手数料を支払うのですから、しっかり2日で希望額の600万を前払いしてもらいました。

融資前の資金繰り方法として、大変有効的でした。ありがとうございました。

 


 

税金滞納・赤字決算・融資を受けられない・業績悪化などで資金調達にお困りの山形県の企業の方にもおすすめのファクタリング会社です ↓