ファクタリングは、融資でもビジネスローンでもない

返済不要の資金調達方法です。

 

ファクタリングは、佐賀県の企業さま、個人事業主さまが保有する売掛債権・売掛金を活用して資金化ができます。

佐賀県の企業さまが保有する優良債権をファクタリング会社が完全に買取ることによって、将来売掛先企業から入金予定だった売掛金を最短即日で資金化できるのです。

 

担保にするわけではなく、売買契約になるため利子や利息の概念はありません。

また、2社間ファクタリングは取引先企業へ知られることはなく、佐賀県の利用者企業さまとファクタリング会社間のみでやりとりが行われます。ファクタリング会社から取引先企業へ連絡することは一切ありません。

佐賀県の利用者企業さまの信用情報にも今後の取引にも影響がないためファクタリング取引の中でも、2社間ファクタリングは最も利用されています。

 

2社間ファクタリングの一般的な流れとしては、契約締結後、ファクタリング会社に手数料を差し引いた売掛金額を前払いしてもらい、期日通りに取引先企業から売掛金の支払いを受けたら、佐賀県の利用者企業さまはそれをファクタリング会社に支払うというものです。

売掛金を前払いしてもらい、その後に取引先企業が不渡りを起こし売掛金回収ができなかったとしても、佐賀県の利用者企業さまはファクタリング会社へ返金する必要はありません。(償還請求権なしの場合)

つまりファクタリングを利用することで、佐賀県の利用者企業さまは最短即日の資金調達のほかに売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できるのです。

 

lgi01a201311200300


 

佐賀県の企業さま、経営者さまがファクタリングを実行するためには、ファクタリング会社による審査を通過しなければなりません。

銀行融資を受けるために必要な多く開示書類などは不要で、ファクタリング会社独自の審査項目・内容になっています。そのためスピード審査が可能となり、審査結果も最短即日で受けられます。

またファクタリングという取引の性質上、売掛先である取引先企業の信用度が重要視される傾向にあります。
売掛金回収ができないことには、ファクタリング会社にとって利益どころかマイナスにしかならないからです。

 

そのため佐賀県の利用者企業さまが、税金滞納中だったり、債務超過、銀行ブラックのような状況下であっても、取引先が優良企業であれば、銀行の審査には通らなくても、ファクタリング会社の審査は通過できる可能性があるのです。

 

当サイトで紹介しているファクタリング会社への問い合わせでも、多くの企業さまがそのような悩みを抱えて相談されます。実際に同様の状況下にあった全国の企業さまでも成約できています。

前述で、取引先企業の信用情報が重要視されると述べましたが、佐賀県の利用者企業さまの審査が疎かにあれるわけでは決してありません。

ファクタリング会社は佐賀県の利用者企業さまが、二重譲渡(他社のファクタリング会社とも契約して売掛金を前払いしてもらう等)や取引先企業から回収した売掛金を使いこんでしまうなどもリスクも抱えることになるのできちんと審査されます。
また佐賀県の利用者企業さまがこのような契約違反を行った場合は法的措置をとられます。

 

ファクタリングは、利用者企業さまとファクタリング会社の信頼関係の上で成立するものと言えます。

 

ファクタリングは事業資金・運転資金として、銀行融資を受けられるまでのつなぎ資金としても有効な資金調達術です。

銀行融資、ビジネスローン以外の資金調達方法の1つとして利用者が増えているのです。

 

九州、佐賀のファクタリング対象地域をチェック↓

【 九州・沖縄地方の企業さまへ 】

 


佐賀県ファクタリング事例

 

佐賀県と言えば、「佐賀のがばいばあちゃん」という小説・映画で一躍注目されました。
また佐賀牛や伊万里牛は高級食材として、また有田焼、波佐見焼、唐津焼を筆頭とした焼き物、武雄温泉・嬉野温泉も有名です。

近年、注目を集めたのは、レンタル大手TSUTYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営している武雄市図書館。CCCが初めて企画・運営に携わった市図書館として話題になり、グッドデザイン賞も受賞したそうです。

初年度は予想以上の来館者数で職員増のために人件費が膨らんだことなどから赤字決算、その後も3年連続赤字とのこと・・・。

 

創業間もない会社でもありえることですよね。

佐賀県ファクタリング

当サイトが紹介しているファクタリング会社は、全国対応はもちろん出張対応で企業まで赴いてくれる会社です!

佐賀県の佐賀市、唐津市、武雄市以外の企業さまでも資金繰りにお困りの経営者の方は多いと思います。

赤字決算や税金未納などで、すでに銀行融資を断られていたりして他の資金調達方法を探していらっしゃる方もいるでしょう。
そのような状況下でも利用できるのがファクタリングという資金調達術です。

ファクタリングなら安定した売掛金があれば、即日資金化も可能になります。

九州にはまだファクタリング会社はほとんどありません。
取引するにあたり、ヒアリング・面談はほとんどのファクタリング会社で必須です。

実績のありそうな東京のファクタリング会社を見つけても、忙しい中上京しなければなりません。

 

当サイトで紹介しているファクタリング会社は九州・福岡に拠点があります。利用者企業さまの多くが九州の会社、個人事業主さまでえす。
佐賀県全域が対象です。

 

↓ ファクタリング利用者の声①佐賀 ↓

開業医でも資金繰りには苦戦しています・・・

(佐賀県武雄市/歯科医院)

佐賀県武雄市で歯科医院を経営しています。

  
歯科医療では30~40代になると独立開業を目指す医師が多いです。
私もそのうちの一人で、40歳になるときを機に独立して歯科医院を開業しました。

都会には同じような開業医が乱立し、歯科医はここ数年でかなり増加しているようですね。コンビニの数よりも多いと言われている地域もあるらしいです!
とにかくライバルが多いんです。
勝ち残っていくには、住宅団地が集中しているようなエリアに開業するか、よほどの腕をもっていないと大変厳しいです・・・。
しかしたいていの地域にはすでに歯科医院がいくつもあるような状況ですから本当にシビアな戦いです。

いくつもある歯科医院の中で選ばれるためには、診察時間の延長や新しい治療法のための設備投資などです。
診察時間を長くすれば、学校・仕事帰りの顧客をより確保できるようになるわけですが、それにはもちろんスタッフの確保、人件費がかかります。
設備投資にも莫大な費用が・・・おのずと費用がかかってくるのは必然的なこと。

しかし、開業したばかりだと銀行の信用調査に通りにくいため、銀行融資を獲得できないのが現実です。

そこで選んだのが、銀行に頼らずに資金が調達できる方法が診療報酬債権を利用したファクタリングでした。通常2カ月かかる国保や社保からの診療報酬が、早期資金化できる仕組みになっていて、現金資金を手厚くできます。
ただ本来入金されるはずだった月の資金が極端に少なくなってしまうので、計画性が必要ですね。
私の医院では、しばらくファクタリングを繰り返し行うことで、まずはキャッシュフローを改善し経営を安定させて、辞めるタイミングを見計らうことにしました。
経営が安定すれば、通らなかった銀行融資の審査も通るようになる計画です。

このような経営策を講じている医院も少なくないようですよ。
2つ目の医院を開院するところなどがよくファクタリングを利用して資金調達をしているみたいです。
同じような悩みを抱えている開業医さんの参考になれば幸いです!

↓ ファクタリング利用者の声②佐賀 ↓

仕事はくるけど単価が安い運送業・・・

(佐賀県鳥栖市/運送業)

独立して小さい運送会社を起ち上げて4年ほどになりまうが、運送業は需要がある分単価が安い!
今じゃ翌日配送なんて当たり前なので人件費は絶対削減できません。
トラックの燃料費や維持費、倉庫のレンタル代を支払えばその月の人件費まで資金が残らないこともあります。これまでそのようなときはノンバンクで即日融資を受けたりしてなんとか切り抜けていましたが、ファクタリングという方法があることを知って自社でもできるのか問い合わせました。

ファクタリングって、融資ではないようですね。
つまり返金する必要がない!代わりに手数料を引かれた金額で売掛金を買い取ってくれる感じでしょうか。

資金が不足してしまうのも、給与支給日の2日前とかに分かったりするので、
2日のうちに入金してもらえる点もとても助かります。

借入金額を増やさずに、きちんといまある負債を減らしていけば、銀行から大型融資も受けられそうですよね。
そんな甘くはないですかね。

 

↓ ファクタリング利用者の声③佐賀 ↓

3社間ファクタリングを検討していたけど

(佐賀県佐賀市/設計事務所)

売掛債権があればファクタリングできるって、いろいろなところで聞いていたので自社でも導入してみようと思いました。きちんと税金も納めているし、経営状況は決して悪くはないのですが、いざというときに銀行に頼らずに資金繰りする方法を知っていると知らないとでは大違いのような気がしたんです。

口コミなどを調べて、ファクタリング会社を絞って問い合わせて相談したのですが、自社の場合では3社間ファクタリングではない方が良いのではと提案されました。
やはり取引先企業にしてみるとあまり良い印象を抱かないそう・・・。経営が傾いているのでは?別会社に発注を検討した方が良いか?などと、最悪の場合契約を切られても立場上どうすることもできません。そんなことないと思いたかったですが。

2社間ファクタリングになると、検討していた3社間ファクタリングよりも手数料が跳ね上がるので結局のところ実行するには至りませんでした。

 

↓ ファクタリング利用者の声④佐賀 ↓

相手の与信が大事

(佐賀県鳥栖市/運送会社

個人事業主でもファクタリングしてくれるところもあると知って、2社に見積もりをお願いしました。

1社は電話口で取引先を尋ねられて、すぐに与信評価が低いとのことで断られました。
もう1社もやはり取引先の与信評価が影響しているのか、この売掛金なら手数料は20%かかりますと言われたので一旦持ち帰り検討することにしました。

融資を受けて金利つけた方が安いのは間違いないですが、これ以上負債は抱えられず、個人借入できる金額でもない…。
という考えに至り、ファクタリングをお願いすることに決めました。

次回以降手数料を下げることも検討できるとのことだったので、本来の入金期日以降また資金が不足するだろうから金額を減らしながら利用することも考えています。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑤佐賀 ↓

デポジットなしの3社間ファクタリング

(佐賀県佐賀市/取付工事請負業

3社間ファクタリングを利用しています。以前は、別のファクタリング会社の3社間ファクタリングを利用していましたが10%のデポジットを取られるので、それがないところはないものかと再度探したのがきっかけでした。

昔、2社間ファクタリングも利用したことがありますが手数料が高すぎます。元請の社長さんが理解のある方で快く3社間で応じてくれて助かっています。
手数料は同じでデポジットなしのファクタリング会社に乗り換えたことで、キャッシュフローは確かに改善してきました。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑥佐賀 ↓

事業資金として

(佐賀県鹿島市/WEB関連業

個人でずっとやっていて、4月から法人としてたちあげたばかりです。事業資金としてファクタリングを申し込みましたが、起ち上げて1か月という点がファクタリング会社には引っかかったようで契約内容の折り合いが合わず今回は断念しました。これまでの売掛先への請求3カ月分くらいはチェックするようでした。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑦佐賀 ↓

赤字で銀行融資を受けられず

(佐賀県武雄市/青果卸業

5年くらい前までは図書館人気のおかげか、観光客が多くて特産品もよく売れてうちも売上が急増しました。そのときも急な売上増で資金ショートおこしたのも思い出しました。まあ、一時のものだろう、と思っていまいたが予想していたよりも需要が続いて、その恩恵には感謝していました。
ところがやはりじわりじわりと売り上げが落ちていき、ついに赤字に。ビニールハウスの点検で補強が必要になったときに限ってこのような仕打ち…。個人借入れで調達するような金額ではないので、売掛金を使って使える資金を集めたわけです。卸先が数社ある中で金額が大きい2社の売掛金合計430万のうち180万をファクタリングしました。
問い合わせした次の日の朝には法務局に行って必要書類を揃えたあと、その足で福岡のファクタリング会社へ契約に行きました。契約締結と同時に入金して帰りには入金確認が取れるようになっていて安心できました。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑧佐賀 ↓

リスケ中なので別の資金繰り方法としてファクタリングを選択

(佐賀県佐賀市/介護関連業

今回初めてファクタリングを利用して資金調達をすることになりました。
ちょうど代表者を変更する手続きをしている中でのファクタリング契約だったので、担当者の方にもご迷惑かけたりと時間がかかってしまいました。

売掛先が国保だからか、ファクタリング会社の審査も早くて話はとんとんと進みましたが、私が現場にも出ているのでなかなか書類を送ったりができずにいました。そんな中でも担当者の方は急かすわけでもなく、時間をおいてしばらくすると連絡を下さったり親身になって対応して頂きました。

こちら以外にも見積もりを出してもらおうと、福岡のファクタリング会社に申し込んでいましたが、手数料はさほど差がありませんでした。
どちらも「契約しましょう!」と営業をかけてくるというよりも、手数料が安くはないファクタリングなのでよく検討するようにとか金額を抑えるようにした方が良い等の助言をくれる、という感じで良心的な印象を受けました。介護給付費等210万のうち80万をファクタリングで資金調達しました。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑨佐賀 ↓

ボーナスの時期に備えて資金繰り手段を確保したかった

(佐賀県嬉野市/加工製造業

12月に従業員への賞与も含めて支払いが多いので、資金が足りなかった場合の手段を早めに確保しておきたくてファクタリング会社に問い合わせをしました。
昨年はあと60万が足りず、小さな会社のためかき集めるのにも苦労しましたので今年はそれを回避したくて調整してはいます。

今回は大丈夫だろうと思いますが、もしまた・・・と不安もあったことと、ファクタリングで50万以下の金額を調達することは可能なのか、どれくらいの費用がかかるのかを知りたくてファクタリング会社に相談したというわけです。
電話で問い合わせましたが、質問ばかりする私にも、答えられることは丁寧に教えて頂きました。教えて頂いて私が思うに、50万以下という金額ではファクタリングでの資金調達は向いていないかもしれないという答えに行きつきました。固定費が結構かかるという印象を受けました。もしかしたらファクタリング会社によって異なるのかもしれないですが。担当者の方も、「ファクタリングした方が良い」と営業してくる感じでもなく、「50万以下でももちろん対応できますが、受けられるなら融資の方が断然良いと思いますよ。」という感じでした。

資金繰りまでの流れもおおよそ理解できましたしとてもためになりました。融資までのつなぎとしての利用も検討していこうとも思いました。

↓ ファクタリング利用者の声⑩佐賀 ↓

銀行融資までのつなぎ資金

(佐賀県武雄市/建設業

なかなか融資がおりる状況にならず、申込んでから3カ月が過ぎようとしていました。それまでなんとか資金集めをして繋いでいましたが、もう限界…。資金ショートして支払いできない可能性が出てきました。取引先に支払いを待ってもらえないか相談しましたが、孫請けもどこも資金繰りが厳しいので「それは困る」「こっちにも支払いがあるんだ」とやはり承諾を得ることはできませんでした。
元請は平気であれこれ理由をつけて支払いを遅らせたりしますが、下請は飲み込むしかありません…。それで資金繰りが合わなくなったりします。
私どもの発注先にも同じようなことをするわけにも行きません。

しかし、相変わらず融資はおりず、他の金融機関などにもあたってみているときに知り得たのがファクタリングでした。売掛金の買取で資金調達ができ、建設業のための資金繰り手段であるとも言える、教えてもらいました。
ちょうどCMでも見かけて、相談してみようと思い近くのファクタリング会社を調べました。博多駅の近くだとありがたいと思いながら、検索してみるとよくない口コミを見つけて躊躇してしまいました。ですが時間もなかったので電話で問い合わせをしてから来社しました。結果的には「騙された」と思いました。電話では10%ほどの手数料だったのが、持参した書類を見て、またその他の経費を加算して、結局30%超の手数料で提示されたからです。「話が違う」旨を伝えましたが、「書類を拝見したところ2次審査でこのような結果になりました」と言われました。契約する寸前でしたが、断りました。

断ったは良いものの、結局資金調達できぬままで帰社するわけにもいかず、博多駅に戻ってチェックしていた他のファクタリング会社にも問いあわせをしていきました。どこも手数料に関して明確には教えてくれませんでした。が、ジャパンファクターさんは「今日中の契約も可能だし、提示した手数料の他に費用を請求することはありません」と断言してくれたのでこちらに伺うことにしました。急いで審査をしてもらい、初回ということもあって費用は10%ほどかかりました。が、前者を断って正解だったと本当に思います。
現在もジャパンファクターさんでファクタリングで資金調達していて、現在は10%ほどの手数料です。1つ難をつけるとするなら場所ですかね。最初は天神駅からも少し距離があるのでタクシーを利用しましたし、場所が分かりにくかったです。

 

↓ ファクタリング利用者の声⑪佐賀 ↓

銀行融資がなかなか受けられず仕方なく

(佐賀県鳥栖市/運送業

取引銀行からの融資がなかなか降りず、他行から短期融資でつないでいましたが、短期融資も間に合わない状況になり、仕方がなくファクタリングを利用しました。
仕方がなく、という言い方は失礼でしょうけど、なんせ手数料が安くはないですからね。結果的には翌日に460万の調達ができたのでとても助けられましたよ。
ファクタリング会社も「ファクタリングを利用するよりも銀行融資の方が断然良い」というスタンスで相談に乗ってくれたので良かったです。

特に煩わしい営業もなく、さっぱりとしています。信頼できるファクタリング会社だと思います。単発の資金調達としての利用でしたが、何度かの取引で手数料も安くなるようでした。ご参考までに。

 


税金滞納・赤字決算・融資を受けられない・業績悪化などで資金調達にお困りの佐賀県の企業の方にもおすすめのファクタリング会社です ↓