2社間ファクタリング実行時の流れ

 

ファクタリングは企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることにより早期資金化できる仕組みです。

欧米では古くから活用されてきた資金調達方法です。
しかし日本では手形が主流だったこともあり、近年になって中小企業・零細企業を中心にファクタリングで資金調達をすることが増えてきたようです。

 

ジャパンファクターの顧客さまでも初めてファクタリングを利用されるということでお問い合わせを頂いたことが半数以上となっています。

融資やビジネスローンとの違いがわからずに不安に思われる会社さまも多いです。
ファクタリング契約をする前にファクタリング会社に訪ねて不安は解消しましょう。

 

利用者企業さまから見た2社間ファクタリングを実行するときの大まかな流れとしては以下のようになります。即日融資 即日調達 ファクタリング 初めて わかりやすい

ファクタリングを実行する前にはファクタリング会社の審査に必要な書類や、契約を締結する際に必要な書類も準備しなければなりません。

融資を受けようとするときのそれと比較すると時間を多く取られてしまうほどのものではありません。

 

一般的には、2~3日かけて契約・入金を行いますが、利用者企業さまが必要書類を用意できれば即日でも資金化はできることにもなります。

必要書類等もまたファクタリング会社によって異なります。
ジャパンファクターではご相談を受けた際に担当者よりご説明させて頂いております。

分からない点などもぜひお尋ね下さい。

ファクタリング会社 無料相談

お忙しい企業さまにはこちらのメールフォームからのご相談が大変便利です。

ファクタリング営業時間外であっても24時間受付で、頂戴した連絡先へ担当者が直接ご連絡差し上げます。

必要事項をご記入頂ければ、その情報をもとに担当者も契約内容についてのご案内ができますのでスムーズかと思います。

たくさんのお問い合わせお待ちしております。